フルオキセチンは久しぶりのセックスの早漏に役立つ医薬品

フルオキセチンは抗うつ剤になっています。興奮を抑え性格が明るくなるという効果があり、うつ病患者さんに良く服用されている医薬品です。このフルオキセチン等を含む抗うつ剤を服用している患者さんの副作用として、性行為で射精が遅延するようになったという報告が多くありました。この報告を参考にし開発された早漏改善薬があります。よってフルオキセチンにも、早漏改善効果があることがわかっています。

早漏の男性は、興奮する時に出るノルアドレナリンに対抗するセロトニンが少ないことがわかっています。セロトニンが多いと興奮物質を抑えることができますので、射精も遅れるといった考え方になります。フルオキセチンはそのセロトニンの分泌を促進させますので、早漏を予防することが可能です。

たとえば久しぶりのセックスで射精が早くなるのではないかと不安になるときもあるでしょう。そんなときにこのような医薬品を服用すると、不安も取り除くことができ、そして射精さえも遅らせることができますので、久しぶりのセックスを楽しみながら行うことが可能です。久しぶりのセックスとなるとパートナーの方もいろいろと準備してきて、楽しみにしていることでしょう。なるべくトラブルを避けて、幸せな行為を楽しみたいはずですので、男性側が準備しておくと良いこともあります。

しかしこれらは医薬品になりますので、抗うつ剤として開発された薬であるということは忘れないようにしましょう。早漏改善薬として開発された医薬品もありますので、それを服用するようにしてください。抗うつ剤そのものを服用することは、トラブルを生む可能性が高まります。取扱に注意して、楽しいセックスライフのために用いるようにしましょう。